2017年05月07日

パスワード変更時の注意点

複雑なパスワードに変更
皆さんは各種パスワードをどのように管理していますか。私はメモを取るのが面倒なので、これまでは2種類程度のパスワードを使いまわしていました。片方でログインに失敗したら、もう片方のパスワードを試してみる、という具合です。 しかし、Macを使うようになってからは、キーチェーンにパスワードを保存するようになったので、パスワードを忘れる心配はなくなりました。そして、いつかSafariが発行する複雑なパスワードに変更したいと思っていました。 そこで、ゴールデンウィークの空いた時間を利用して、キーチェーンに登録されたパスワードを一つずつ複雑なパスワードに変更していきました。その際に、少し困ったことが起きましたので、共有したいと思います。

パスワード変更時の注意点
様々なサイトでパスワードを変更していると、パスワードとしてアルファベットまたは数字のみを受け付け「-」を許可していない場合があります。Safariが発行するパスワードは、アルファベットと数字の3文字を「-」で4個つなげた計15文字ですので、そのまま使うとエラーになってしまいます。その際、パスワードの変更がエラーになったにもかかわらず、キーチェーン上のパスワードが勝手に上書きされてしまうのです!

例えば、以下のサイトでパスワードの変更を行うケースをご紹介します。 まず、パスワード変更画面を表示します。

29.01.パスワード変更画面.png

この画面でSafairが発行したパスワードを入力します。

29.02.パスワード発行.png

Safariが発行したパスワードを保存します。

29.03.保存.png

エラーが出て保存できません。

29.04.パスワード保存エラー.png

パスワードの保存はエラーとなりますが、キーチェーン上のパスワードは変更されています。

29.05.変更されたパスワード.png

このサイトでは、パスワード変更時に変更前のパスワードを入力する仕様になっていますので、こうなってしまうと前回のパスワードをどこかにメモしていないとパスワードの変更はできませんし、再度このサイトにログインすることすらできません。幸い私は前回のパスワードを覚えていたので助かりましたが、Safariで作成したパスワードなどを利用していると、覚えている可能性は低いので、サイトのヘルプデスクにお願いしてパスワードの初期化の依頼を行うしかなくなるでしょう。

このように勝手にキーチェーンのパスワードを変更してしまう仕様、何とかならないのでしょうか。。。

posted by たんさん at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月16日

トイレのリフォーム

トイレリフォームのきっかけ
今住んでいるマンションは築およそ18年、昨年は大規模修繕も実施しました。当然専有部分も傷みが目立ってきており、特にトイレや風呂などの水回りはその筆頭です。 どこから手をつけようかと考えていたのですが、まずは昔のものとは様々な面で高性能になってきたと聞くトイレについて検討を始めました。

どんなトイレにするか
少し調べたところ、現在のトイレの主要メーカーは、TOTO、LIXIL、Panasonicの3社であることが分かりました。いずれもメーカーも汚れが付きにくく掃除がしやすいことを宣伝しています。TOTOは水道水を電気分解して得られる除菌水を活用しており、LIXILは陶器の表面をツルツルにして汚れを付きにくくしています。また、Panasonicは素材に陶器ではなく有機ガラス素材を使い、洗剤を活用した泡洗浄で汚れの付着と飛び跳ねの両方を防いでいます。

各社とも現在の主流はタンクレス型です。タンクレスとは、トイレの後ろにある、あの水を溜めておくタンクがないタイプのものです。水を流すときは、給水の勢いで流すことになります。

そして何と言っても私が一番感動したのが、給排水を新規に立ち上げることなく手洗器を個別に付けられる点です。タンクレストイレの場合、水を貯めておく部分がないので、流すと同時に水が出てきて手を洗う場所がありません。そこで、トイレの給排水を活用して別途手洗器を設置するプランが各メーカーから提供されています。トイレの給水を手洗器まで引き込む部分は、壁際のカウンターとしてうまくカモフラージュされており、かなり高級感があります。私はこれを見て、リフォームするなら絶対に手洗器を別にすると心に決めました。

さて、今流行りのタンクレスですが、私には幾つか欠点があるように感じました。まず、水を貯めて流すわけではないので給水に一定の水圧が必要となります。このためマンションの高層階では設置が難しいと言われています。また、停電の時には単にバケツで水を汲んでくるだけでは流すことはできず、特別な操作が必要になります。最後に、洗浄便座と便器が一体になっているため、便座だけを交換することができません。洗浄便座が壊れたら、修理をするか便器ごと買い換えるしかないのです。電化製品と便器では耐用年数が全く異なるので、この構造は如何なものかと思います。

そこで、私が目をつけたのが従来のようにタンクがある便器で、タンク部分をキャビネットに隠すタイプの商品です。一見タンクレスのようにスタイリッシュに見える上に、キャビネット部分が収納として活用でき、機能性もあります。コンセントがキャビネットに隠れ、外部に電源コードが見えないところは、タンクレストイレを上回る美点です。TOTOからはレストパル、LIXILからはリフォレという商品が出ています。残念ながらパナソニックからはこのタイプの商品は出ていません。そこでレストパルとリフォレの2択で検討を開始しました。

このタイプには、手洗器を便器の後ろのキャビネットの上に付けるI型と言われるタイプと、壁に沿ってカウンターを作り、便器の斜め前方に手洗器を付けるL型と言われるタイプのものがあります。私は断然L型を推していたのですが、うちのトイレの奥行きが83cmしかないため、L型を設置するにはギリギリです。結局リフォレはサイズ的に無理だと言われたため、レストパルに決めて具体的な業者探しに入りました。

どこで買うのがいいのか
施工業者は、TOTOのショールームでどこか紹介してもらおうと思っていましたが、ふとヤマダ電機のリフォームコーナーに立ち寄ったところ、すぐにうちに来て見積もってくれるとのこと。ここで出会った営業の方がすごく良い人だったので、まぁヤマダでいいかなぁと思いつつも、たった1社の言い値で買うのもなんなので、ネットで少し探してみました。そこで見つけたのがサンリフレプラザです。 ネットでヤマダ電機と同じ条件を入力し、見積もりを依頼しました。すると、工事費はおよそ7万円、クッションフロアと壁紙(天井を含む)の張替えで4万5千円程度でこれらはヤマダ電機と大差はありませんでした。ところがレストパルそのものの商品代金が圧倒的に安く、5万円以上の差がついてしまいました。ヤマダ電機の方にはお世話になったものの、さすがに金額に差がありすぎるため、結局サンリフレプラザで買うことにしました。

サンリフレプラザの特徴
リフォームをネットで頼むことに若干の抵抗はありましたが、以下、サンリフレプラザにして良かった点を挙げておきます。

  1. 商品代金が圧倒的に安い
    恐らく大量に仕入れているためと思われますが、商品代金が圧倒的に安いです。今回のケースでは商品代金が支払い金額全体の7割程度を占めるため、ほとんどの場合ここで金額の差が出ます。商品代金と工事費の総額が安かったことがサンリフレプラザに依頼した一番の理由です。

  2. 実績が豊富
    大量に仕入れて大量にさばいているため、工事実績が豊富です。施工も自社で行っているため安心です。これらの実績は金額とともにホームページで紹介されています。特にレストパルはタンクレスのネオレストなどに比べるとそれほど出荷数も多くないため、ほとんど取り扱ったことがない業者も多いと思います。

  3. アドバイスはそれほど必要ない
    私は、リフォームを行う際には業者と何度も打ち合わせをして、相談しながら決めていくイメージを持っていました。なので、ネットの業者に頼む場合はどうやって相談したらいいのか心配していました。 ところが、いざ商品や壁紙を選ぶ段階になると、特に相談の必要はないことが分かりました。商品はパッケージ化されてますから、迷うことなく選択できますし、TOTOのショールームなどに行けば何でも教えてもらえます。 また、壁紙やクッションフロアについても、自分でショールームに行けばゆっくりと自分のイメージ通りのものが選べます。Webカタログと本物ではイメージが全く異なりますので、絶対にショールームに行くべきです。私も品川のサンゲツのショールームに行きましたが、結局事前にWebカタログで調べていたものとはまるで違うものを選ぶことになりました。 トイレのリフォーム程度ならメーカーのショールームが充実しているので、特に業者からのアドバイスは必要ない、というのが私の結論です。

  4. 職人さんの仕事も説明も丁寧
    レストパルでは、様々なオプションが選択できます。例えばタオル掛けもオプションで追加できるのですが、その中に気に入ったものがありませんでしたので、自分で別途調達して工事の時に取り付けてもらうことにしました。その際、電話で事前説明があり、取り付け時に壁の補強が必要と判断した場合には、別途工事費として1万円が必要となると言われました。工事当日の追加料金は一切ないことをうたっているだけに、この辺りの見積もりは保守的なのかもしれません。 ところが、当日来た職人さんからは、タオル掛け用の補強程度で1万円はもったいないので、10kgまで耐えられる石膏ボード用の取り付け器具でどうだろうか、との提案がありました。もちろん心配なら補強するとのこと。私も1万円は高いなぁと思ってはいたので、補強なしでお願いすることにしました。これで追加料金はなしです。その他の仕事も説明も丁寧で、安心して任せることができました。

新しいトイレの感想
今はトイレをリフォームして本当に良かったと思っています。毎日トイレに入るのが楽しみです。具体的に良かった点は以下の通りです。

  1. トイレの機能自体がすごい
    今時のトイレは、本当に水の使用量が少ないです。以前のトイレとは水の流れている時間が明らかに違います。恐らく水道料金にも変化が見られるでしょう。また、除菌水を使った洗浄機能もすごいです。トイレのドアを開くと毎回除菌水で便器の表面を霧状の除菌水で満たして汚れが落ちやすくします。ウォシュレットの部分も毎回除菌水で自動的に洗浄してくれます。なんだかトイレが生きているみたいで面白いです。

  2. タンクが小さいのでトイレが広くなった
    最近のタンクは厚みが薄く、今までよりもトイレが奥にずれました。その結果、トイレからドアまでの距離に余裕が出て、圧迫感が少なくなりました。手洗器を付けるとトイレが狭くなるかと思っていましたので、これは嬉しい誤算です。

  3. レストパルの収納は良い
    レストパルにはキャビネットに2箇所、手洗器の下に1箇所の収納があります。トイレットペーパーや掃除道具が入る程度の小さな収納スペースですが、これが意外に重宝します。この豊富な収納スペースはネオレストなどのタンクレストイレにはないので、レストパルにして良かったと実感しています。

  4. 壁紙もクッションフロアーも満足
    ショールームに行って自分自身で選んだ壁紙とクッションフロアーは、やはり間違いありませんでした。イメージどおりで大変満足しています。リビングの壁紙も替えたくなってしまいました。。。

  5. タオル掛けも良かった
    タオル掛けは、レストパルのオプションではなく、箱崎にあるKAWAJUNのショールームに行って選びました。これがトイレの高級感をますます高めていて、大変気に入っています。

  6. 手洗器があるトイレはやはりかっこいい
    最後に、手洗器が別になったトイレはやはりカッコ良かった。まるでホテルのように素敵です。

かなりお金もかかりましたが、今回のトイレのリフォームにはかなり満足しています。しばらくこのウキウキは続きそうです。

28.リフォーム.jpg
posted by たんさん at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月09日

スコッチグレインの2016年7月のセールに行って来た

シャインオアレインが欲しい
昨年の12月にスコッチグレインのブローデンIIを買いました。その時の模様は、下記のエントリーで紹介しているのですが、ジャストサイズが好みなので最初のうちは幅がきつく、長時間の使用に耐えられませんでした。しかし、最近ではだいぶ足に馴染み、飲み会などで長時間外出する日にも履けるようになりました。

http://macfan0707blog.seesaa.net/category/25179146-1.html

しかし、梅雨時を迎えると大切なこの靴は履いていけません。すると、すっかりお気に入りの靴を履く機会が減ってしまったので、雨の日でも履けるお気に入りの靴が欲しくなってきました。スコッチグレインでは、雨の日用にシャインオアレインというシリーズを出しています。ブローデンIIを買った時、オデッサと散々迷った挙句決めたという経緯がありましたので、オデッサと同じ木型のシャインオアレインIVをターゲットにいつ買おうかと検討していました。そんな中、スコッチグレインから夏のセールのハガキが届きました。

27.ハガキの写真.png

撥水カーフの靴を発見
このセールでは、税込35,640円以下のレギュラー商品が20%OFFとなり、その他に限定商品が10点(色違い含む)出ています。ハガキの限定商品を見てみると、なんとシャインオアレインと同じ国産撥水カーフを使った靴が4点もあるじゃありませんか!そのうち、ハガキの上から2段目の左側の靴(L-1612[E])は、オデッサと同じ木型、上から2段目の右側の靴(L-1613[3E])は、ブローデンIIと同じ木型です。しかも、この2つはソールにファイバーグリップを使っています。ファイバーグリップは、硬質ゴムの表面にガラス繊維を剣山のように突き立たせた防滑ゴムで出来ており、氷の上でも滑らないと言われる優れものです。シャインオアレインはSGソールですので、より付加価値が高い商品になっています。にもかかわらず、シャインオアレインの20%OFFよりも安い価格設定となっていますので、これを買わない手はありません。セールは7/6(水)から始まるのですが、最初の3日間はメンバーだけの先行販売です。混雑する前に行っておこうと思い、セール初日に銀座本店に行くことにしました。

銀座本店のセールの状況
ところが、行ってみると私の認識は全く甘かったことに気づかされました。会社帰りに東銀座に立ち寄り、銀座本店の前まで行くと、なぜか大勢の人が店の前にいます。時間は午後7時少し前でした。店の中も異常な混雑ぶりです。入り口の店員さんに聞くと、順番に接客するので名簿に名前を書いて欲しいと言われました。ただし、50人以上待っているので2時間ぐらい待つことになるとのこと。またまた、2時間は大げさでしょ、と思いながら「2時間待ったら閉店時間の8時を過ぎちゃいますよ」と答えると、「名簿に名前を書いたお客様については閉店時間を過ぎても最後まで接客します」とのこと。しかも、7時半ぐらいで名簿への記入も打ち切るとのことでしたので、一瞬迷いましたが、とりあえず名簿に名前を書いてもらい、待つことにしました。 店内では接客を行う店員さんが6名程度おり、接客が終わると名簿のところまで来て、名簿の名前が上から順に呼ばれるというシステムです。最初のうちは名前が呼ばれてもいないお客さんが結構いて、この分なら1時間ぐらい待てば順番が回ってくるかと思っていたのですが、後半になるとほとんどの人が残っており、一人づつしか名簿が進みません。最終的に名前が呼ばれたのはなんと午後9時半頃でした。驚愕の2時間半待ちです。いまだかつて、買い物でこんなに並んだことはありません。 ようやく座ることができたので、目的のL-1612[E]とL-1613[3E]を出してもらいました。前回の経験で、オデッサなら25cm、ブローデンIIなら24.5cmが丁度良いことが分かっていましたので、L-1612[E]は25cm、L-1613[3E]は24.5cmを履いてみました。やはりどちらも丁度良いです。しかし、L-1613[3E]はストレートチップで、ブローデンIIと同じ木型ですので、前回買った靴とまるっきり同じになってしまいます。ストレートチップなら何足持っていてもいいのですが、やはり少し気分を変えたかったので、今回はL-1612[E]にしてみました。こちらはクォーターブローグというデザインですので少し印書が違います。色はもちろん無難な黒です。会計を終え、店を出た時間は午後10時頃でした。まぁ、目的の靴が買えたので満足ですが。

やっとの思いで憧れのオデッサと同じ木型の靴が手に入りました。スコッチグレインのセール恐るべしです。あんな思いをしたのだから、2足買うべきだったかと思い、少し後悔しています。しかし、今後は雨の日でもお気に入りの靴で出かけることができますので、テンション上がります!

<上から>

27.靴の写真(1).png

<横から>

27.靴の写真(2).png

<ファイバーグリップ>

27.靴の写真(3).png
posted by たんさん at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | スコッチグレイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする