2016年01月24日

Synology NASで地デジ放送を視聴する方法

テレビで録画した番組は、著作権保護のためのガードがかかっているため、パソコンやモバイル端末から簡単に視聴することはできません。一般的には、DTCP-IPに対応したNASを用意して、テレビ放送の録画先をそのNASに設定するか、または一旦テレビやブルーレイレコーダーに録画した番組をそのDTCP-IP対応NASにムーブしたのちに、DTCP-IPに対応したアプリをパソコンやモバイル端末にインストールして視聴することになります。

しかし、このDTCP-IPという規格は日本だけのガラパゴス規格であるため、海外製のNASではあまり対応されてきませんでした。対応している唯一の商品がQNAPのHS-210-Dではないでしょうか。

http://av.watch.impress.co.jp/docs/review/review/20150402_687173.html

Synologyでテレビ番組を視聴することは諦めていたのですが、2016年1月13日に、Synology NASにアプリを追加することによってDTCP-IPに対応することが発表されました。

https://www.synology.com/ja-jp/company/news/article/Synology_Announces_Compatibility_with_DTCP_IP/

この発表によれば、sMedio DTCP MoveというアプリをSynology NASにインストールすることによって、DTCP-IP対応のブルーレイレコーダーなどから番組をSynology NASにムーブすることが可能になるようです。対応機種は、DS216Play, DS215j, DS415play, DS115, DS214playなので、私のDS215jも対象です。さらに、パソコンやモバイル端末に専用のアプリをインストールすることにより、視聴が可能になります。
価格はsMedio DTCP Moveが1,000円、Windows用の視聴アプリが1,900円、Android用の視聴アプリが900円とのこと。残念ながら、Mac用、iOS用の視聴アプリは出ていません。
DTCP-IPはLAN上で映像配信するための規格なので、外出先からアクセスするためのサービスも準備中のようです。sRAS ベースのリモート アクセス機能で月額120 円とのこと。 NASを買い換えることなくこんなサービスが追加されるなんて、Synologyさすがです。
でもApple製品に対応していないので今回の導入は見送りかな。

ラベル:NAS Synology
posted by たんさん at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | NAS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする