2016年02月28日

メルセデスベンツNew Cクラス購入日記(4) 〜商談2日目〜

Cクラス購入に至る過程をこれまで3回にわたって紹介しました。本日はとうとう購入に至る経緯についてご紹介します。

メルセデスベンツNew Cクラス購入日記(1) http://macfan0707blog.seesaa.net/article/433579149.html

メルセデスベンツNew Cクラス購入日記(2)〜中古価格予測モデル作成〜 http://macfan0707blog.seesaa.net/article/433753122.html

メルセデスベンツNew Cクラス購入日記(3)〜商談1日目〜 http://macfan0707blog.seesaa.net/article/434104077.html

伏兵登場
次の週の朝、いつものようにカーセンサーのサイトを検索していると、メルセデスベンツ中野で次のような掘り出し物を見つけました。

  1. C200アバンギャルド
  2. ベーシックパッケージ付き
  3. 未使用車
  4. 2015年8月登録
  5. 色はホワイト
  6. 418万円

土日2日間限りの限定セールとのこと。上記のスペックなら、私の価格予測モデルによれば、453万円が妥当な市場価格になりますので、418万円は相当安いです。
ただし、中野はうちから車で1時間弱かかります。以前のエントリーに書いた通り、ヤナセなら自宅の近くの店舗で商談することができますが、あいにくシュテルン系の店だったので、その店に行くしかありません。購入するときだけなら1時間程度の移動も問題ないのですが、この先のメンテナンスもそこで行うことを考えると躊躇します。
基本的に正規輸入車であればメルセデスのどの店でも扱ってはもらえますが、購入時の営業担当者との関係を生かした方が何かと融通が利く場合が多いのです。例えば、異音が気になって点検に出したものの、結局原因がわからず様子見となった場合などには、営業担当者を通していれば無償になる場合が多いのですが、そのような関係がない中でお願いすると点検費用を取られる場合があると聞きます。
そこで、先週商談を行った自宅から近いシュテルン系とヤナセ系の2店舗で、上記の車を引き合いに出して交渉することにしました。最悪、値段が下がらないようであれば、上記の中野の店で買うことにするつもりです。伏兵登場により、近所のシュテルン、ヤナセに加えて、メルセデスベンツ中野の3店舗を候補として検討を進めることになります。

近所のシュテルンでの商談
まず、シュテルン系の店です。車のスペックは前回報告した通り、以下の通りになります。

  1. C200アバンギャルドの試乗車
  2. ベーシックパッケージ付き
  3. 走行距離1,200km
  4. 2015年8月登録
  5. 色はブラック

中野の車と比べて装備と初回登録月は同じですが、中野が未使用車なのに対して、こちらの車は1,200km走っています。前回訪問した際には、まだ試乗車で使用中とのことで値段の提示はなかったのですが、今回提示された価格は410万円でした。これでも十分安いと思いますが、一般に未使用車は20万円程度のプレミアムがついて売買されていますので、プラス8万円で未使用車が買えるなら、中野の車の方が魅力があります。そのことを伝えると、下取り車の値段についてもう少し良い値段が出せそうなので、夕方にもう一度連絡すると言われました。そこで、その時間を利用してヤナセで商談することにしました。

近所のヤナセでの商談
先週見つけたヤナセの車のスペックは以下の通りです。

  1. C200アバンギャルド
  2. ベーシックパッケージ付き
  3. 走行距離900km
  4. 2015年3月登録
  5. 色はホワイト
  6. 値段は438万円

こちらの車は中野の車よりも5か月ほど古く、かつ、未使用車ではないのですが、色は通常のポーラホワイトではなくダイヤモンドホワイトと呼ばれる特別色でした。なるべくなら自宅の近くで購入したい、また、なるべくならホワイトが欲しい、と思っていたので、この車は有力な候補です。しかし、438万円ではお話になりません。ダメ元で中野の車とシュテルンの車の値段を伝え、もう少し何とかならないかお願いしてみました。さすがに438万円で提示している車を20万円以上値下げするのは厳しいらしく、しばらく事務所に入って検討してくれました。
そうこうしているうちに、先ほど訪問したシュテルンから携帯に電話がありました。下取りは90万円、車両価格は400万円で良いとのこと。色はホワイトの方が好みでしたが、ここまでの数字を出してくれたなら、まぁブラックでも良いかと考え始めていました。
ヤナセの担当者が戻ってきたので、シュテルンの条件を伝えました。同じ値段ならこちらに決めるが、無理ならシュテルンに行くと。そして、もう一度責任者と検討してもらい、最終的に下取り90万円、車両価格405万円の提示をもらいました。こちらは、シュテルンの車よりも5か月古いのですが、ダイヤモンドホワイトです。迷いましたが、結局色については後で後悔したくないので、こちらのヤナセの車で商談成立となりました。私の価格予測モデルによれば、430万円が妥当な市場価格ですので、かなり満足のいく価格で購入できたと思います。

こうして2週間の商談の末、とうとうW205のオーナーとなることができました。今後は、この車の便利で面白い機能などについても報告したいと思います。

posted by たんさん at 11:28| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もうニヤニヤがとまりません笑
最高です。

はやく商談と言う大人の世界へ足を運びたいです、、、。
Posted by メルセデス大好きなんです。 at 2017年03月16日 18:31
はじめまして、札幌の会社員で真二と申します。

現在、BMW X3を所有していますが、安全装置の秀逸さと
AWDが販売されていることで、W205の新古車か走行距離が短めの中古を探しており、検索でこちらを見させて頂きました。

結果、大変参考となる情報を頂き、感謝致します。

そして私もスコッチグレインの靴を何足か所有しています(笑)

ぜひ、W205のその後などの記事も楽しみにしております。
有難うございました。
Posted by 真二 at 2017年10月05日 10:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック