2015年11月08日

iMovie 10.1にバージョンアップして困ったこと

先日iMovieが10.0から10.1にバージョンアップされました。4K解像度のムービーが作成できるようになったことなどが変更点として取り上げられていますが、実はファイルの管理体系が大きく変更されています(あまり話題になっていませんが)。また、バージョンアップに伴うバグらしき症状に遭遇しました。以下では、ファイルの管理体系がどのように変更され、バグらしき症状にどのように対応したのかを紹介させていただきます。
ただし、アプリの仕様を試行錯誤で理解しながら対応していますので、同じことを行ったとしても全てのケースで解消できるとは限りません。あくまで自己責任でお願いします。

iMovie10.0から10.1の変更点
機能上の変更点は、Appleのホームページにも出ているとおり以下のようになります。

  1. 対応するMacコンピュータで、圧倒的に美しい4K解像度(3840×2160)でムービーを作成および共有(1)
  2. よりリアルでスムーズな動きを実現する1080p HD/60 fpsビデオでムービーを作成および共有
  3. iOS用iMovie(バージョン2.2以降)からムービーや予告編を読み込んで、iOSデバイスで編集を始めたムービーをMacで仕上げることが可能に
  4. 新しくなったメディア表示で、ライブラリ内のブラウズ時に一度により多くのビデオや写真を表示
  5. プロジェクト表示でムービーや予告編を簡単に検索して選択
  6. ムービーの編集中にブラウザのタブからタイトル、背景、トランジション、ミュージックにすばやくアクセス
  7. ムービーの編集中にブラウザを隠すオプションを追加
  8. iOS用iMovieに含まれる10種類のビデオフィルタを追加
  9. Retina 5Kディスプレイ搭載のiMacで、ムービーの編集中に4Kビデオをピクセル単位で表示

しかし、私にとってはもっと重大な変更がありました。それは、iMovieで扱う、ライブラリ、イベント、プロジェクトの階層構造の変更です。iMovieが扱うファイルの階層構造については、以前に下記のエントリーで紹介しました。

http://macfan0707blog.seesaa.net/article/428064998.html

これまで、iMovieではライブラリ→イベント→プロジェクトの階層構造が保たれていました。つまり、新規のプロジェクトを作成する際には、必ずどのイベントに所属するのかを指定していました。ところが、10.1からはイベントを指定することなくプロジェクトを作成するように変わっています。このことは、プロジェクトがイベントと並列に存在していることを意味します。

1プロジェクト作成.png

この変更は、私が見る限りネット上のどこにも指摘されていないのですが、私にはとても大きな変更のように感じます。これまでは、バックアップを取る際には、イベントさえ意識しておけばプロジェクトのバックアップももれなく取れたのですが、今後は、イベントとプロジェクトのバックアップをそれぞれ意識しながら取る必要があります。また、私は一つのイベントから複数のプロジェクトを作成することがよくあります。それらのプロジェクトは、イベントをまたがることがなかったため、iMovie自体がそのまとまりを管理してくれていたことは大変便利でした。しかし、今後は自分自身でプロジェクトとイベントの関連を管理する必要が生じます。今回の変更は、私にとっては改悪と言っても良いほどです。
一方、複数のイベントをまたいでプロジェクトを作成する方にとっては、10.1の方が便利かもしれません。10.0以前のiMovieでは、その必然性がないにもかかわらず、プロジェクトを必ずどこか一つのイベントに所属させる必要がありましたので。何れにしてもこのような大きな変更が全く話題になっていないことはとても不思議です。

iMovie10.1へのライブラリ移行におけるバグと思われる症状
iMovie10.0で作成されたライブラリがiMovie10.1のライブラリに移行される際、上記のイベントとプロジェクトの関係が変更されます。つまり、従来は、finderでライブラリの中を見るとイベントフォルダーの下にプロジェクトフォルダーがありましたが、10.1に移行されたライブラリの中身を見ると、イベントとプロジェクトのフォルダーが並列に存在するようになります。

2イベントとプロジェクトのフォルダー.png

しかし、よく見るとプロジェクトフォルダーの一部が欠けており、そのフォルダーはイベントフォルダーの下に取り残されています。この一つだけ残されたプロジェクトは、iMovieの画面から複製しようとしても、削除しようとしてもできません。つまり、この一つのプロジェクトだけは正しく移行されていないようなのです。

ライブラリの修正
特定のプロジェクトが複製も削除もできないままでは、さすがに困ってしまいますので、これらの修復を試みます。修復は以下の手順で行いました。

  1. 壊れたプロジェクトをNASにバックアップされたライブラリからコピー
    壊れたプロジェクトは、そのライブラリの中では複製も削除もできないのですが、他のライブラリにコピーすることはできるようです。そこで、NAS上にバックアップされたライブラリを読み込み、そのNAS上の破損したものと同じプロジェクトをローカルライブラリにコピーしました。finderでライブラリの中身を見てみると、以下のようにイベントと同じ階層にプロジェクトフォルダーが作成されています(プロジェクト1-2(1))。つまり、外部のライブラリからコピーされたプロジェクトは正しい位置に配置されるので、こちらを残して、イベントフォルダーの下にある方を削除することにします。
    3新たなプロジェクトがコピーされた.png

  2. finderから壊れたプロジェクトを削除
    ここで一度iMovieを閉じて、イベントフォルダーの下に存在していたプロジェクトファイルを削除します。削除後にiMovieを起動すると、下記のようなメッセージが出ますが、「修復」を押して続行します。すると、今度作成された「プロジェクト1-2(1)」に関しては問題なく複製も削除もできます。プロジェクトの名前も「プロジェクト1-2」に直しておきます。
    4修復を促すメッセージ.png

  3. その他のイベントの配下からもプロジェクトフォルダーを削除
    残りの「イベント2」の中のプロジェクトについても同様にNASからコピーして修復します。全てのイベントの配下から移行に失敗したと思われるプロジェクトフォルダーを削除すると、以下のようにイベントフォルダーと並列にプロジェクトフォルダーが並びます。このようにiMovie10.1からは、イベントフォルダーとプロジェクトフォルダーは並列に配置されるようになります。
    5iMovieの新しいフォルダー構成.png

以上の手順で修復したプロジェクトと、正常に移行されたプロジェクトでは若干の違いがあります。正常に移行されたプロジェクトの場合、プロジェクトを開いて「プロジェクトメディア」の部分を選択すると、プロジェクトを作成した時に読み込んだクリップが表示されるのに対して、修復されたプロジェクトでは、「プロジェクトメディア」の部分を選択しても何も表示されません。ただし、プロジェクト内で使用したイベントを選択すると、「使用中のメディアの範囲を表示する」にしておけば、クリップ内の使用箇所が正しく表示されます。 というわけで、これで一応問題なく使えそうです。本件、まだネット上にもあまり情報が上がっていませんので、関連情報がありましたら是非教えてください。

タグ:iMovie MacBook
posted by たんさん at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | iMovie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月03日

El Capitanの日本語ライブ変換機能

前回は、Mac Fanの最新号(2015年12月号)でEl Capitan特集が行われていることを紹介しました。

http://macfan0707blog.seesaa.net/article/428895741.html

その中から日本語ライブ変換についてご紹介したいと思います。最初は、日本語入力の際にスペースやエンターキーを押してしまう癖が抜けず、うまく使いこなせなかったのですが、Mac Fanの記事を読み、幾つかの便利機能を取得し、我慢してひたすら入力し続ける練習を重ねるうちに、これまで以上に入力効率が上がりましたので、特にこの機能を取り上げてご紹介しようと思います。

全くスペースを押さずに入力可能
ライブ変換をONにすると、全くスペースを押さずに日本語入力を進めることができます。下記で動画でも見られますが、誤変換があっても気にせずに入力を進めると、後で正しい漢字に変換されますので、慣れてくると非常に入力効率がアップします。

英数・かな変換も不要に
Mac Fanで紹介されていた技を使うと、ライブ変換中に英語入力が可能となり、英数・かな変換も不要になります。具体的には、以下の手順で設定します。

  1. システム環境設定→キーボード→入力ソースを選択
  2. Shiftキーの動作で「英字モード」を選択

以上の設定を行うと、かなモードで入力中に英語を入力したくなった場合に、Shiftキーを押すことにより英数モードに切り替える事が可能となります。そのあと、もう一度Shiftキーを押すと、かなモードに戻れます(Mac Fanではかなモードに戻る際に「かな」キーを押すと書かれていましたが、Shiftでも戻れます)。下記の動画を参考にしてみてください。

変換が確定しても再変換可能
ライブ変換では、入力を進めると以前に入力した部分がどんどん確定されていきます。確定された部分の漢字を直したい場合は、誤変換の部分を選択して「かな」キーを2回押すことにより、再変換を行うことができます。下記の動画の最後の部分を参照してみてください。

以上ご紹介した通り、この機能は日本語入力に慣れている人ほど抵抗があるかもしれません。しかし、スペースやエンターを押さずに我慢して入力を続けるうちに、今まで以上に便利に入力できることに気がつくはずです。皆さんも是非試してみてください。

posted by たんさん at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | El Capitan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月01日

Mac FanのEl Capitan特集

今月のMac FanはEl Capitan特集です。既にEl Capitanをインストールした方も、これからインストールする予定の方も保存版として買って損はないと思います。以下で私が役に立ったなと思う記事を紹介します。

集中講座
El Capitanの新しい機能について集中的に解説しています。日本語入力のライブ変換、新しく機能満載になったメモ、フルスクリーンモードで画面を2つに分けるSplit View、進化したSpotlightなどが紹介されていますが、特にライブ変換の記事が良かったです。ライブ変換中の語句の訂正の仕方や、ライブ変換中に英語を入力する方法などが紹介されており、最初は違和感のあったライブ変換を使いこなしてみようという気になりました。

El Capitanのトラブルシューティング
まず、El Capitanにアップグレードすると、どの程度Macの体感速度が上がるのかが具体的に報告されています。例えば、OSやSafariの起動速度や、プレビューでPDFを開く速度、写真ソフトのRAW現像速度などです。また、比較的不具合が少ないと言われているEl Capitanですが、それでも幾つかトラブルが報告されているようですので、その対処方法なども紹介されています。私は「MacとiPhoneの辞書が同期されない」のトラブルシューティングを試してみました。

El Capitanのインストール
El Capitanのインストールについて、アップグレードとクリーンインストールに分けて詳しく解説されています。クリーンインストールの方法は、一度アップグレードして復旧パーティションをEl Capitan仕様にしてから行う方法です。
私が行った方法(http://macfan0707blog.seesaa.net/article/427539857.html)とは異なりますが、他のブログでも紹介されている一般的な方法です。その他にも、復旧パーティションに関する解説や、復旧ディスクの作成方法まで整理されているので、El Capitanのインストールを機にいざという時の備えをするのも良いと思います。

El Capitanの環境設定
ここでは、OS Xのシステム環境設定について詳しく説明されています。設定パネルの一項目ずつが解説されているので、こんな設定もできたのか!という発見がいくつかありました。

OS Xの高速化&メンテナンステクニック
メンテナンス系では、ライブラリや重複ファイルのお掃除、使わないソフトの削除などを行うソフトが紹介されています。高速化テクニックでは、ショートカットキーについて詳しく解説されています。タブで全てのコントロールにアクセスする機能などは、今後有効にしてキーボードだけで操作する練習をしてみたいと思います。

Macを使いこなす便利技30
El Capitanとは直接関係ないかもしれませんが、「Macを使いこなす便利技30」は知らない技も幾つかあり重宝しました。例えば、「ソフトのショートカットを新たに作成する」や「スクリーンショットのファイル形式を変更する」や「ログインパスワードをリセットする」などは、今回の特集で初めて知りました。

どうでしょうか、El Capitanをインストールしてみたくなりましたか?El Capitanのキーワードは、「Macの体験の向上」とのことです。派手さはありませんが、質の高いMac体験をしてみませんか?

posted by たんさん at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | El Capitan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする